スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスカレーター。 

(前回のつづきです。)

エスカレーター。
歩行者のためにどちらをあけるか。。。

関西人が東京などにいって、右側に立ち、後ろから舌打ちされたり、
挙句のはてにはうしろから「おおさか」といわれたり。。。
散々な話を耳にします
この右を譲るか、左を譲るかという話は、いろんな駅で細かくリサーチされるかたが
多数おられるようで、頭が下がります。

エスカレーター関西版
関西風

↑↑↑【関西】・・・京都を除く。(京都だけは、”左”です。)

上の写真の赤いラインが、立ち止まる人です。
この場合、上りのひとと、下るひとが接近するのがとても気になります。
身を乗り出したら、キスできてしまうのでは・・・とさえ思えるほどの距離感です。




関東バージョン
関東風


↑↑↑【関東】・・・ほぼ全国的(?)京都はこちら側です。


この場合、関西風の接近具合からすると、ほんとストレスなく通行できます。
知ってる人なら、関西風のような距離感でもいいと思いますが、
見ず知らずのひととは、これくらいの離れ具合がちょうどいいように感じます。

関東風が利にかなっているように私は思うのですけど、
日本エスカレーター協会によれば、
エスカレーターはじっと立って乗るように設計されているようです。

なので、どちらを開けるか。。。。というよりも、
開けないでね。。。。じっと立っててね。。。というのが本音のようです。





スポンサーサイト

Comments

関西式&関東式

エスカレーターはほんま差別的に言われますねぇ。

確かに、エスカレーターは歩くものではないので
メーカーに言わしたら関西式、関東式なんてないのですが、
ワールドワイドで見ると圧倒的に関西式なんですよ。

元々は万博で国内初めて設置されたらしくて、
欧米の来場者が関西式の原点を作ってくれたらしいし、
韓国へは好きでちょくちょく旅に行くのですが、
あちらはソウルもプサンも関西式ですね(笑)

知ってる限りではカナダもそでしたよ。

関東式が勝手に当たり前にしてるんですよ(笑)

わっかんさんへ♪

「距離感」は日本人独特のおくゆかしさ?(笑)

ワールドワイドでみたら・・・っていうの
すご~くうなずけます。
韓国はいったことないんですけど、
大阪と通じるものがあるかなって勝手な想像しています^^

No title

ご無沙汰してます。
大阪は万博での外国の方の影響があるようですが
日本は諸外国と違って 人は右、車は左です。
関東風は、日本とイギリスだけ?の右ハンドルが関係していて
諸外国とは逆になっているのでは?
私は関東なので、初めて大阪に行った時には正直驚きました。

でも混雑している百貨店等に行くと片側だけに寄らず、
二名づつのってくださいとのアナウンスがあります。

基本、急ぐ人は狭いエスカレーターを利用せず
広い階段を駆け上った方が速いと私は思っています。
なので、混んでいれば両側に立つ、
空いていれば、どちらでも良い と思うのですが・・・。

ボーノくんへ♪

たしかに、百貨店なんかの新装オープンのときとか、
「二列で」ってアナウンスはいりますね♪

私はエスカレーター歩くのってなんか恥ずかしいって
思ってるひとで(笑)
じ~と立つ派です。
食べすぎたときは、階段で(笑)急いでいるときも
階段です(^.^)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://itamiyoitoko.blog95.fc2.com/tb.php/976-88c921dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。