スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の心臓⑦~心臓血管外科へ~ 

※前回のつづきです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はじめて母に付き添って循環器内科に来た頃は、
何号館と何号館とか、移動するのに迷子になったものですが、
長く感じた検査からやっと方向性が決まり、心臓血管外科の先生の
外来に付き添う頃、私はすっかり、案内できるくらい、病院内の移動に慣れていました^^

fuyu.jpg

心臓にみつかった、2つの疾患。

まずは、動脈管開存症
ステントグラフト内挿術という、
からだに優しい方法で手術して、
経過をみてから、腫瘍をとりましょう、
ということになりました。
とてもありがたいことです。

心臓の手術ときくと、とても怖かったのですが、
心臓血管外科のM先生(2回目の手術「腫瘍」をとってくださる先生、
T先生(「ステントグラフト」のスペシャリスト)の外来で、
不安からかなり解放されました。

(つづく)





にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。