スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチファーブル 

日曜日。
息子とふたりで 、近くの伊丹市立美術館に

熊田千佳慕ー虫と花を描きつづけた細密画家ー
観にいってきました。

プチファーブル

先月からずっと、息子に
「ファーブル昆虫記の絵、観にいこう!
いついくの?」


と、催促されていたのです。

だんらんホリデーにあやかって(笑)
(毎月、第3日曜日
いってきました。
この日だと、伊丹市民は「無料」なのです(^^ゞ
(家族で)

プチファーブル2

息子は、作品をひとりでずんずん、いろいろみながら、

「おかあさん!この絵、
”ファーブル昆虫記”第三巻に
載ってるやつや!」
とか
嬉しそうに、ああだこうだいったり、

展示されてた、実際にご本人がお使いになってた、
筆洗、絵皿、絵の具などを
見入っていました。

息子いわく、「ファーブル昆虫記の絵のひとの
すごいところはな、
普通、花をこう描くところを、
こういうふうに描くねん。」
だそうで、
(・・・とジェスチャーしながら、熱く語っていました(*^^))

そしたら、○○(息子の名前)もそういうふうに描いたら?

って提案したところ、

「もうやってる!」だって。(笑)

そのわりには。。。。ねえ。(失礼)

これは、タイトルポスターを撮ったもので、
息子が好きな箇所のアップです(へへ)↓↓↓

リボンをしたミツバチ
「ミツバチがリボンしてるで~。」


てんとう虫が帽子かぶってる(*^^)v↓↓↓

てんとう虫が帽子

どの作品もとても生き生きしていて

命を感じました。

命のあるものを描くひとってすごいなと。

1枚の作品を仕上げるのに、

何年もかかることもあったそうです。

そこまでするのは・・・・

小さいひとにみてもらうため(いっさいのごまかしがない。)




ポストカードを息子と選びました。


虫のものももちろん、何枚か購入しましたが、


こんな猫ちゃんも♪
お花もとても美しかった!↓

猫のポストカード お花のポストカード3枚

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このあと、この日最終だったMEWゴマえびフィレオ目指して
マクドナルドへ。

NEWエビフィレオ
息子は、
「帰ったら、食うぞお~!!」
っていいながら、
(これをやりたかったらしい)食べておりました。

んん、私たちの感想は、1回食べたら、もういいな。
チキンタツタみたいに
何回でも食べたいっていうものではないな。
(あくまでも私たち親子の感想です(^^ゞ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もう少しでわが家だっていうときに、てんとう虫の幼虫に出会いました♪

てんとうむしの幼虫

で撮った写真なので(今回の記事すべて)、
はっきりしてないですけど。。。。
アップでいきましょう。

てんとう虫の幼虫アップ

家にはいると、さっそく、
息子くん、何やら、
写真をみながら描いておりました。
とっても嬉しそうに。

僕もプチファーブル?




プチファーブル看板

プチファーブル
■熊田千佳慕ー虫と花を描きつづけた細密画家ー

2010年5月23日まで(日)
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター
詳しくはこちらをどうぞ♪

熊田千佳慕さん、詳しくはこちらをどうぞ。






最後まで読んでくださってありがとうございます。
訪問の記念に「ポチッ☆」と押していただけたら、嬉しいです♪



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへ
にほんブログ村

ファーブル昆虫記の虫たち〈1〉 (KumadaChikabo’s World)ファーブル昆虫記の虫たち〈1〉 (KumadaChikabo’s World)
(1998/03)
熊田 千佳慕

商品詳細を見る
スポンサーサイト

Comments

あ!アンテナに 虫が^^

ありがとう、ちょっと興味があるのです。近しし^^、行かなくちゃ!
情報ありがとう~。

もかちゃんは息子くんと本当にいろんなところへお出かけしますね☆
こんな素敵な絵を二人で語り合えて幸せですね~♪

魔女メグ さんへ♪

ぜひ!ぜひ!
いらしてくださいv-350

せんとちゃんへ♪

いえいえ(汗)
近所ばっかりで。。。(^^ゞ

もかさん、こんにちは。

私の場合、ハンドルネームよりブログの名前が重要なので、伊丹日記を使用していますが、ハンドルネームは「コミュニティいたみ元住民」ですね。

これは、伊丹で最初にできたコミュニティポータルサイト「コミュニティいたみ」に由来します。
その頃は、今や普通のブログなどは世間に存在せず、ホームページもHTMLを知らないと簡単に作成できませんでした。
そういった時に1ページながら住民登録して自分のホームページを簡単に持てたり、伊丹に関係するリンク集や伊丹の人々とチャットや掲示板で楽しむことができたりしたことは画期的だったと思います。
しかし商工会議所に運営が移って、コミュニティ機能はサービス停止、事実上閉鎖状態(商店街の広告のみ残る)になりました。
この思い出を忘れないためにハンドルネームにしました。

伊丹市立美術館って、結構面白い企画が多いですよね。
こないだの「ハンス展」といい、「山下清」とかは凄い観客でしたから、この先も楽しみです。

子どもって、虫・・・好きですよねぇ。
息子君は、そんな子ども達のなかでも、さらに虫が好きなのかな?
可愛らしい絵ですね、こういう世界は好きだなぁ。
息子画伯の絵も、なかなかメルヘンです!

伊丹日記さんへ♪


こんにちは。
伊丹日記さんを最初に知ったのはたしか、
コミュニティいたみ元住民さんとしてだったように記憶しています。

そうですか、そういう思い入れがおありだったのですね。
話してくださってありがとうございます★

伊丹日記さんへ♪

ほんと、”風刺とユーモア”というだけあって、
面白い企画をされますよね。

美術館の企画とのコラボのいろんな
イベントも楽しいですよね。
(ハンス展のときの「グリム」さんの焼き菓子とか、
今回のみどり園さんのお茶とか)

にぽぽちゃんへ♪

こども(とくに男子は)
好きよね~!!
息子はとくに好きみたいでね、
すごく詳しいのよ。
昆虫館の学芸員さんにも驚かれた
そう(へへ)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://itamiyoitoko.blog95.fc2.com/tb.php/506-dd8e0825

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。