スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エスカレーター。 

(前回のつづきです。)

エスカレーター。
歩行者のためにどちらをあけるか。。。

関西人が東京などにいって、右側に立ち、後ろから舌打ちされたり、
挙句のはてにはうしろから「おおさか」といわれたり。。。
散々な話を耳にします
この右を譲るか、左を譲るかという話は、いろんな駅で細かくリサーチされるかたが
多数おられるようで、頭が下がります。

エスカレーター関西版
関西風

↑↑↑【関西】・・・京都を除く。(京都だけは、”左”です。)

上の写真の赤いラインが、立ち止まる人です。
この場合、上りのひとと、下るひとが接近するのがとても気になります。
身を乗り出したら、キスできてしまうのでは・・・とさえ思えるほどの距離感です。




関東バージョン
関東風


↑↑↑【関東】・・・ほぼ全国的(?)京都はこちら側です。


この場合、関西風の接近具合からすると、ほんとストレスなく通行できます。
知ってる人なら、関西風のような距離感でもいいと思いますが、
見ず知らずのひととは、これくらいの離れ具合がちょうどいいように感じます。

関東風が利にかなっているように私は思うのですけど、
日本エスカレーター協会によれば、
エスカレーターはじっと立って乗るように設計されているようです。

なので、どちらを開けるか。。。。というよりも、
開けないでね。。。。じっと立っててね。。。というのが本音のようです。





スポンサーサイト

阿闍梨餅とエスカレーターのお話。 

京都にはたくさん、美味しいお菓子がありますが、
この阿闍梨餅もそのひとつ。

あじゃりもち
阿闍梨餅

中身はいわゆる「お餅」ではなくて、
もちもちっとしたどら焼き(?)
私にとってはそんなイメージ^^

餅粉がはいっている生地も餡子もいいなんともいい感じです。
いろんな場所で、「○○餅」と呼ばれる、似たようなお菓子を
みかけるのですけど、阿闍梨餅のパクリなんだろうか?と
いつも気になっています。

話は変わりますが、駅とかのエスカレーター。
じっと乗る人、歩くひと(急ぐひと)関東と関西では、
立つ方向が左右逆なのは、有名な話ですよね^^

しかし、京都は東京スタイルです。
さすが、
このエスカレーターの話は次回につづきます



■阿闍梨餅本舗 京菓子司 満月     
HPはこちら♪


              

黒豆茶 

血圧が気になるお年頃のため、
くろまめ茶をよく
飲んでいます。

くろまめちゃ
いつも「スマイル阪神」で購入してます^^


以前は、マイポットにいれて、仕事にいってましたが、
「ティーバック」をみつけたので、1袋、会社の机の引き出しに
忍ばせています^^

酒の露 

わっしょい!冬の元気まつりがあったので、
おやつに、中満さんの酒の露をいただきました。

酒の露
酒の露


息子いわく「お酒、効きすぎや~酔っぱらうかな。こどもが食べても大丈夫?」。


といいながら、
みんな大好き^^酒の露

途中、「わっしょい」で踊るお子さんとすれ違った、息子くん。

息子:「おかあさん、こどもがお化粧してる・・・。」

私:「踊る子やで。衣装きてたやろ。」

息子:「なんや~、”おめかし”してるんかと思ったわ~」
 


んんん。。。。この子、ちいさいときからそうなんですけど、
平成生まれのわりに、「おめかし」「ハイカラ」「高級」など、
よく使うんですよ。

おじいちゃん、おばあちゃん子だから?^^




御菓子司中満
「酒の露」とお店の場所等はこちら♪

七色で厄除け 

待ち合わせの時間潰しに立ち寄ったお店で、
一目惚れしてしまいました。

ハンカチです。

なないろの

七色で厄除け

日本では昔から、七色のものを身につけると、
厄を除けることができるといわれているそうです。

Seven colors



塾がある日の晩ごはん。 

息子の塾では、今月から6年生としての
カリキュラムがスタートしました

塾の時間割によって、私が仕事から帰ってきて、即効、夕食の支度して、
食べさせてから塾へ。。。という日が週に2日ほどあります。

そんな日のメニューは、丼もの
大活躍^^

つい数日前は、こんな↓↓↓

鶏の柚子胡椒丼
鶏の柚子胡椒焼丼




油揚げと、たっぷりのにんじんのみを
濃い目のお出汁で炊いた、炊き込みごはんの上に
グリルで焼いた鶏肉をのせたもの。

鶏肉は、塩麹と柚子胡椒を塗って焼いたもの。

この日はこれに、コープの醤油とんこつ味のラーメンを半分ずつと、
ホウレンソウのソテーと、あと、胡麻ドレッシングで和えた
にんじんサラダという献立^^




モロゾフのチョコレート 

バレンタインデーが近いので、
私が働く結婚相談所で、
会員さんとの会話中、そういう話題がでます。

一粒、何百円もするようなショコラは
よほど、社交的な男性しか知らないから、
○治とか○永のチョコでいいと思いますよ~って、
今日、隣の席でM女史が話していたけれど、

えっ、そんなん、義理チョコ以下やんなあ~って
思いますやん。
スーパーで売ってるし。

お見合いしてっていう男性は、おいしいお店とか
そういうの知らないひとだから(そこが安心だと既婚者の私は思いますけど)

あんまり「通」なものもどうかと思いますけど
せめて、モロゾフとかゴンチャロフあげましょうよ♪

IMG_2290.jpg
お正月に母がお土産にいれてくれた、「モロゾフ」のチョコ。




ヨーロッパのショコラも美味しいけど、
バレンタインのチョコは、
モロゾフゴンチャロフが一番美味しいと思ってる私^^


追伸。モロゾフ、ゴンチャロフ、いずれの関係者ではありません。(笑)



■モロゾフ
HPはこちら♪

■ゴンチャロフ
HPはこちら♪

ちなみにわが家の11歳の少年。
冬になると毎年、こんなことをしています。

ちょこ1
明治のミルクチョコを溶かして、クッキーの型へ♪

実は幼稚園の頃からこんなことしてるの^^




引っ張らなくていい(?)太巻き。 

昨年から、節分の日に食べる太巻きは、
家でつくるようになりました。

さくせいちゅう
海老が写真からきれてます^^




具は、大葉、海老、穴子、卵焼の4種類。
7種類いれたいんですけど、あえて、4種類^^

ふとまき

胡瓜とかがはいってないから、
「ひっぱって、いらない具を抜かなくていい」という理由で、
息子には大好評^^



オトナの苺 

おいしそうな苺をスーパーでみかけるようになりました。
こども用には練乳をかけたりするのですけど、
ムショーに食べたくなって、
つくってみました。

苺のマリネ↓↓↓

いちごのマリネ1
いちごのマリネ



マリネといっても、ビネガーではなく、
リキュールに漬け込む。。。というもの♪

コアントロー(ホワイトキュラソー)を
使いたかったのですが、

コアンとロー
コアントロー

残念ながら、なかったので(涙)

ホワイトキュラソーではない、オレンジリキュールで代用しました。

オレンジリキュール
某オレンジリキュール^^

タッパの中にオレンジリキュールを入れて、はちみつを適量いれて、まぜます。

そこに苺を投入して、2時間ほど漬け込みました。

いちごのマリネ2
漬け込んでいます。


やはり、コアントローを探し歩いてでも、
コアントローを使えばよかったなあと、
(上質なオレンジにはかなわないかなと。。。)
リキュールを注いだ瞬間は思いましたが、

できあがった、マリネはなかなか美味しかった!!
うん、漬けるだけなら、安いお酒で充分(笑)

苺の甘さが増して、めっちゃ美味しいです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。